競売の流れ|埼玉の任意売却、住宅ローンの滞納・延滞、差押え、競売のご相談は任意売却 埼玉へ

任意売却 埼玉 HOME > 競売の流れ

競売の流れ

住宅ローンの滞納

1ヶ月滞納すると通知が届きます。
2〜3ヶ月滞納が続くと「督促状」が届きます。

金融機関と話合い

債権者から呼び出しがあり、返済についての話合いがなされます。
支払い方法の再調整、またはこの時点で任意売却を勧められる事もあります。

期限の利益の喪失

さらに滞納が続くと「期限の利益の喪失」となります。
金融機関はローン保証会社に代わりに求償権の範囲で返済してもらい、完全な不良債権となります。
そして保証会社は債務者に全額一括返済を求めてきます。

競売開始

裁判所より「競売開始決定通知」が届きます。
この後、ご自宅に住み続ける時間はわずかです。

裁判所執行官による物件調査

裁判所の執行官と、不動産鑑定士が訪問します。
聞取り調査や写真撮影を行い、売却基準価格を決定します。

入札

競売の最終段階。
1週間後には改札があり、落札者が決定します。
実質的には、この段階で任意売却を行うのは不可能です。

立退き

落札者が決定した後、落札者は債務者に立退きを要求します。
債務者は住み続ける権限がありませんので、立退かざるを得ません。

ご相談メールはコチラ

※ご相談者様より報酬を頂く事は、一切ありませんので、ご安心ください。