任意売却とは|埼玉の任意売却、住宅ローンの滞納・延滞、差押え、競売のご相談は任意売却 埼玉へ

任意売却 埼玉 HOME > 任意売却とは

任意売却とは

任意売却について

住宅ローンの返済が困難になり、毎月々の返済ができず滞納してしまった場合、金融機関などの債権者は担保不動産を差押え、不動産競売の申立てを行います。
この競売手続きが実行される前に、債務者と債権者の間に不動産会社などの仲介者が入り、債務者・債権者の合意のもと、双方が納得する価格で担保不動産を売却する事を任意売却と言います。

任意売却出来ずに時間が経ち、担保不動産が競売かけられると、通常の売却価格(市場価格)の20%〜40%程度も低い価格で売却されてしまうのです。

ですが、任意売却する事により、市場価格に近い価格で不動産を売却出来ますので、債務者の方には多きなメリットとなる可能性があります。
債務者の方の残債の整理縮小や債務の再構築を行いやすくなりますし、債権者側も競売での売却より債務の回収が多く出来る事から双方にメリット有るのです。その他、話合いにより債権者から引越しにかかる費用を出してもらえるケースもあります。

すでに担保不動産が「差押」や「競売」になっているようなケースでも、有利な条件を提示する事で任意売却出来る事も有ります。ただ、競売決定通知が届いている場合は、時間がほとんど有りませんので、至急ご相談下さい。

ご相談メールはコチラ

※ご相談者様より報酬を頂く事は、一切ありませんので、ご安心ください。